問題が起きたらSSD換装!

ssd換装におけるトラブル

ssd換装におけるトラブル

ssd換装におけるトラブル ssdはスピードの速さから次世代の標準記憶装置になると見られていますが、換装する際に想定外のトラブルが起こるケースもよくあります。ハード面とソフト面のどちらでも起こりやすいので、自分で行うときは細心の注意が求められます。
ハード面に関して多いので、ケーブルの断線や静電気によって稼働しなくなることです。実施するときは既存のケーブルを抜く作業が発生しますが、コネクタがきつく結合している場合は、かなり力を入れて引っ張らなければなりません。その際に内部の線に亀裂が生じるのはよくある話です。ソフト面については、内部のパーツ構成に大きな変更があったと見なされ、OSのライセンス認証がリセットされる場合があります。記憶媒体の換装によって、別のパソコンになったと判定されたわけです。これに関しては、ラインセンスキーの入力や電話認証などで解決できる可能性があります。ssdを導入する場合、このようなトラブルが起こっても不思議ではありません。

ssd換装では2つのトラブルに注意をしよう

ssd換装では2つのトラブルに注意をしよう ssdを換装するときには、無駄手間にならないように以下の2つの注意点を抑えておく必要があります。まず、ssdを完走できるパソコンケースであるかどうかです。
一般的に、古いタイプのパソコンケースではhdd専用のケースになっていることが多いため2.5インチ専用のパソコンパーツを別途購入しなくてはならない場合もあります。ノートパソコンでも同様で、サイズが異なりますので本当に利用できる環境かどうかをまずは確認しなくてはいけません。そして、データを移行しているかどうかも確認する必要があります。新しいssdには従来までの内部データが入っていませんので、利用時にはそれをきちんと使える状態にしなくてはいけません。最も簡単な方法は、それまで使っていたhddの内部データをすべてクローンで作ることです。クローンを作れば、パソコンのシステムデータも作ることが可能なのでそれまでと同じように使えるようになるためトラブルは発生しません。

iMacのリカバリーを試行したが、何をやってもダメ。復元どころの話ではなくディスクの消去もできないので、冷却ファンのトラブルからの熱暴走でディスクが損傷したものと思われる。あるいは経年劣化。思えばSSDに換装していないのは2台あるiMacだけ、長年お疲れ様でした。

返信先:1年未満か前バズってた、長方形で青樹脂「USB3 TypeA」と凸形「USB3 TypeB」は《ゆっくり挿すとUSB2認識トラブル》にもご注意 下位互換性で遅れて接点つながる方が通信性能に係るから動画レコーダーとバックアップSSD/HDD間とか (日本語検索で使えるピン図解やコネクタ部材写真ほぼ無いゴメン)

返信先:ときどき唐突に認識しなくなる時ありますよねぇ… 私もなんか唐突にPC消える→SSD行方不明 ってのありました… 刺しなおして治ったときもあったし、CMOSクリアして治ったときもあったから何とも言えないトラブルという…

返信先:せやねん。そこが謎。 でもさ B450あたりで nvmeのSSDの認識がどうののトラブルで相性とか初期不良とかいろいろ騒がれてたやん。 なんか、cms周りがワンチャン? って思ったんよ。 まあ、駄猫さんがお手上げってことはそんな低レベルな話では無いとは思ってますdeath(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

社内ITでもなんでもないけど、 各種機器設定・メモリやSSDの増設等・データ復旧・PC関係(ソフト・ハード共)トラブル時の各種対応対処・社長宅のルーター設置 とかはやってる 素人で何もわかんないから全部調べながらやってる

-->

Copyright © 2021 問題が起きたらSSD換装! all rights reserved.